著作権相談員制度について

以前も取り上げたことがあるのですが現在の運用はどうなっているのでしょうか?




2010年05月31日(Mon)
著作権相談員制度について
 以前のエントリで、文化庁登録著作権相談員について取り上げたことがあります。岐阜会では5年ほど前に研修会が開催されました。

 この研修を受け、修了証を受領した当時の同業者は、自サイトでさかんに文化庁登録著作権相談員の名称を称していたのですが、この制度は研修修了者が著作権の専門家として文化庁に登録されるものではありません。

 実は、日本行政書士会連合会が定める講義カリキュラムに基づく研修を修了し所定の効果測定に合格した者のうち、希望した者について著作権相談員名簿に登載されるといったものに過ぎません。

 この名簿は、文化庁、(社)著作権情報センター、(財)ソフトウェア情報センターの3団体に提出されているようですが、これらの提出先が名簿搭載者を積極的に活用しているという話は聞きません。

 また、入管の申請取次者の場合と異なり、この著作権相談員の名簿搭載を維持するための研修制度等は無いようですので、1回講習を修了して名簿搭載されれば永遠に名簿搭載されているような気がします。

 岐阜会では、以前、この研修会の需要を調査したところ、研修会を開催するほどの希望者がいなかったようです。この研修に係る費用対効果を考えれば単位会で開催するのは困難ではないかと考えています。

 そうはいっても、前回の開催以降、多くの新しい方が入会されていらっしゃいますので、少数の名簿搭載希望者のために、この研修は、行政書士申請取次事務研修会のように、単位会ではなく日行連が定期的に開催したほうが良いような気がしました。

 いずれにしても、この著作権相談員制度は微妙な制度という気がします。この制度をどのように活用していこうとしているのか分かりません。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

このブログは、岐阜県大垣市で2001年に開業した行政書士事務所所長のブログです。

☆リンク集
つげ行政書士事務所HP
建設業許可申請手続
 サポート

行政書士山本直哉事務所
遠山行政書士事務所
 
□このブログのご意見やご感
 想は、コチラのフォームから
 ご連絡ください。

□運営者情報
 つげ行政書士事務所
 行政書士 柘植久昇
 岐阜県行政書士会会員
 登録番号01200851号
 岐阜県大垣市中野町
    5丁目738番地8
 TEL 0584-82-0738



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年5月
           
31          

アーカイブ
2005年 (54)
7月 (2)
8月 (16)
9月 (6)
10月 (14)
12月 (16)
2006年 (110)
1月 (22)
2月 (15)
3月 (19)
4月 (9)
5月 (12)
6月 (10)
7月 (12)
9月 (4)
11月 (3)
12月 (4)
2007年 (13)
1月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (5)
2008年 (29)
1月 (3)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (3)
12月 (3)
2009年 (10)
1月 (3)
2月 (1)
3月 (1)
7月 (1)
11月 (2)
12月 (2)
2010年 (32)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (5)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (4)
8月 (3)
2011年 (7)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (1)
2012年 (5)
1月 (3)
6月 (1)
7月 (1)
2018年 (1)
1月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1,896
昨日:2,135
累計:1,094,121