つげ行政書士事務所(岐阜県大垣市)のブログ! - 2012/06

岐阜県大垣市の行政書士事務所の所長が日頃感じたことを思いつくままに。




2012年06月17日(Sun)▲ページの先頭へ
「振る」と「投げる」
 何か月かぶりに自分のブログを閲覧したところ、トップページに広告が出ていました。60日以上更新しないと表示されるようになったようです。ずっと気づかずにいました。

 このまま広告が表示された状態は、あまり格好良くありませんので、開業以来ずっと感じていたことを投稿します。

 タイトルの「振る」と「投げる」とは、どのような場合に使うかというと、他士業の先生や同業者に、お仕事をお願いする場合にお願いする側が使います。

 例えば、建設業許可専門のA行政書士が風俗営業許可専門のB行政書士にお客様をご紹介する場合において、A行政書士が「B行政書士に仕事を振った、投げた。」というような言い方をします。

 こうした、士業者(同業者や他士業者)の何気ない一言にずっと違和感を感じていました。上記の例でいえば、風俗営業許可申請手続自体は「物」扱いで良いのかもしれませんが、その申請手続をご依頼くださったお客様は「人」であり、この両者は不可分なものであると感じられるからです。

 間接的にお客様を「物」扱いしているようで違和感を感じます。上記のような場合は「B行政書士にお仕事をお願いした。お手伝いいただいた。」というべきでしょう。個人的には「先生業」の傲慢さがこのような言い方になるのではないかと考えています。


   


このブログは、岐阜県大垣市で2001年に開業した行政書士事務所所長のブログです。

☆リンク集
つげ行政書士事務所HP
建設業許可申請手続
 サポート

行政書士山本直哉事務所
遠山行政書士事務所
 
□このブログのご意見やご感
 想は、コチラのフォームから
 ご連絡ください。

□運営者情報
 つげ行政書士事務所
 行政書士 柘植久昇
 岐阜県行政書士会会員
 登録番号01200851号
 岐阜県大垣市中野町
    5丁目738番地8
 TEL 0584-82-0738



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年6月
         

アーカイブ
2005年 (54)
7月 (2)
8月 (16)
9月 (6)
10月 (14)
12月 (16)
2006年 (110)
1月 (22)
2月 (15)
3月 (19)
4月 (9)
5月 (12)
6月 (10)
7月 (12)
9月 (4)
11月 (3)
12月 (4)
2007年 (13)
1月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (5)
2008年 (29)
1月 (3)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (3)
12月 (3)
2009年 (10)
1月 (3)
2月 (1)
3月 (1)
7月 (1)
11月 (2)
12月 (2)
2010年 (32)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (5)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (4)
8月 (3)
2011年 (7)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (1)
2012年 (5)
1月 (3)
6月 (1)
7月 (1)
2018年 (1)
1月 (1)

アクセスカウンタ
今日:59
昨日:126
累計:1,099,568