つげ行政書士事務所(岐阜県大垣市)のブログ! - 2009/01

岐阜県大垣市の行政書士事務所の所長が日頃感じたことを思いつくままに。




2009年01月29日(Thu)▲ページの先頭へ
行政書士試験結果と試験制度
 平成20年度行政書士試験の合格発表があったようです。全国平均の合格率は6.47%で岐阜県では5.53%という結果だったようです。

 私の持論では、適正な合格率は20〜30%なのですが、今年も合格率10%を超えることはなかったようです。ここ何年か絶対評価の試験の割には、合格率のブレが少ないように感じます。記述式で調整しているのでしょうか?

 昭和の頃に合格された先生のお話を聞くと、行政書士資格の取得自体は比較的容易であったようです。行政書士資格取得のための試験は、その程度で良いというのが私の考えです。

 行政書士資格で食べている方については、当然、合格後に研鑽を積まれて実務を習得されているはずですから、その行政書士は専門性を有していると考えておりますが、現在の試験制度は、行政書士の実務と試験科目がマッチしていないため、いくら難易度が高くなっても、第三者の方から、「専門性に欠ける資格」「難易度のわりに使えない資格」と評価されてしまう可能性があります。

 個人的には、「一般知識等」を廃止して、例えば建設業法や農地法、入管法、廃棄物処理法等の実務に直結する法律を、それぞれ独立した試験科目として出題して、その中から、一定の科目を受験者が自由に選択して回答できるようなシステムにすると、第三者の方から、行政書士資格は専門性に欠けると指摘を受けるようなことがなくなるのではないかと思います。

 そうすれば、現在の試験科目である「法令等」で、憲法、民法、商法、行政法(行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法を含む)が課されているわけですから、行政手続と権利義務に関する書類等の作成に係る専門家として、行政書士資格は一定の評価を受けることができるのではないかと思っています。

 そうはいっても、行政書士試験は国家試験ですから、当面、このような大幅な試験制度の変更は困難だろうと推察します。


2009年01月13日(Tue)▲ページの先頭へ
支部研修会
 来月の5日に支部研修会が開催されます。研修内容は「新公益法人制度(移行認定、移行認可の手続)について」と「改正建設業法及び許可申請手続の注意点について」の2テーマについて実施されます。

 今回、上記のうち、建設業について、私がお話をさせていただくことになりました。改正建設業法については、昨年の11月28日から既に施行されていますので、建設業の手続を専門にされている方は「何を今更…。」といったところでしょうが、手続自体は受諾したことがあるけれども、最近ご無沙汰という方には参考になるのではないかと思います。

 しかし、建設業法については、一部改正のため、お話しすることは、それほどありません。時間でいえば30分もあれば終ってしまいます。よって、これらと併せて、私自身が申請手続を行った際に窓口と事前相談した事項や、また、窓口から指摘を受けた事項についてお話しようと考えています。

 西濃支部には、建設業専門の先生方が沢山いらっしゃるので、そういった方々の前でお話しするのは、お恥ずかしい限りなのですが、これから建設業許可申請手続を受諾していこうとされている新人の方や、年数件程度しか扱っていない先生方に参考になればと思い、勇気を振り絞って講師を受諾いたしました。(笑)

 ただし、建設業許可申請書類の具体的な記載方法については、お話しするつもりはありませんので、ご了承いただきたいと思います。申請書類の記載方法については「改訂11版建設業許可申請の手引き」が岐阜県建設業協会や岐阜県行政書士会で販売されていますので、そちらを熟読された方が良いと思います。

 また、岐阜県と他都道府県の申請手続の相違点等(ローカルルール)についてのお問い合わせも応じるつもりがございません。ご自身で申請都道府県のホームページをご覧いただき、直接、担当窓口にお問い合わせされることをお勧めします。以前、産業廃棄物収集運搬業許可申請手続の講師をした際に、嫌というほど「このテ」のお電話をいただきました。(苦笑)

 自分で受諾した案件の分からない部分を自分で調べるより、その業務に精通している同業者に聞いた方が「手っ取り早くて楽だし、時間の節約にもなる。」という気持ちは分からないこともないのですが、その聞く内容が問題です。「調べれば簡単に分かることは、自分で調べましょう。」ということです。

 そのような手間を惜しむようでは、許認可申請手続のプロとはいえないと思います。(ただし、同業者の場合で、それが専門外の業務であり、かつ、受諾するつもりがない場合や他士業の先生からのお問い合わせについては、当然、該当しないのですが…。)そういった先生には、相談料をいただくようにしないと…。(再度苦笑)


2009年01月05日(Mon)▲ページの先頭へ
新年のご挨拶
 今日から仕事始めとなります。昨年は、多くの方に大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 アクセスカウンターによれば、現在34万5千超のアクセスをいただいておりますので、昨年の1年間で十数万名の方に、ご訪問いただいたことになります。今後も不定期ながら更新して行きたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

 毎年、正月休みに自サイトリンク集のリンク切れサイトを整理させていただいております。アドレスを変更された場合は、ご連絡いただければリンクさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

 今年も、ご依頼くださるお客様のお役に立てるよう、積極的に新業務の開拓を行い、ひとつでも新しい許認可申請手続をマスターしていきたいと考えております。


   


このブログは、岐阜県大垣市で2001年に開業した行政書士事務所所長のブログです。

☆リンク集
つげ行政書士事務所HP
建設業許可申請手続
 サポート

行政書士山本直哉事務所
遠山行政書士事務所
 
□このブログのご意見やご感
 想は、コチラのフォームから
 ご連絡ください。

□運営者情報
 つげ行政書士事務所
 行政書士 柘植久昇
 岐阜県行政書士会会員
 登録番号01200851号
 岐阜県大垣市中野町
    5丁目738番地8
 TEL 0584-82-0738



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年1月
       

アーカイブ
2005年 (54)
7月 (2)
8月 (16)
9月 (6)
10月 (14)
12月 (16)
2006年 (110)
1月 (22)
2月 (15)
3月 (19)
4月 (9)
5月 (12)
6月 (10)
7月 (12)
9月 (4)
11月 (3)
12月 (4)
2007年 (13)
1月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (5)
2008年 (29)
1月 (3)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (3)
12月 (3)
2009年 (10)
1月 (3)
2月 (1)
3月 (1)
7月 (1)
11月 (2)
12月 (2)
2010年 (32)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (5)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (4)
8月 (3)
2011年 (7)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (1)
2012年 (5)
1月 (3)
6月 (1)
7月 (1)
2018年 (1)
1月 (1)

アクセスカウンタ
今日:61
昨日:126
累計:1,099,570